So-net無料ブログ作成

スタッフ教育 [日記]

  スタッフから

「当院で行っている各種治療方法などをもっと詳しく教えてほしい」

との要望により、ここのところ院内セミナーを開いている。


第1回目は私が当院で行っている治療の概要(東洋医学、ホメオパシー、ホモトキシコロジーなど)を、

第2回目はその中でも分かりやすいバッチフラワーレメディをレベル1を終了したスタッフからそれぞれ話をした。

 
  今日は第3回目で初めて外から講師に来てもらうことになった。

   
     テーマは「ドッグフード」 

  講師は、おなじみビジョンズの粟野さんにお願いした。

彼女とは一般の人相手に一緒に講演をすることで2回ほどお会いすることはあったが、
病院スタッフに講義をしてもらうのは今回が初めてだ。

彼女は良質なドッグフードを販売しているビジョンズという会社の方で、以前から親しくさせていただいている。

彼女のドッグフードについての話は非常に興味深い。

ドッグフードの規格やら基準について とか 問題点などなど目からうろこの話がざくざく飛び出てくる

そしてそれらをとてもわかりやすく解説してくれる。 今日も楽しい講義になるだろう。


 最近、自分が酵素玄米を食べるようになってからさらに強く思うようになったのだが、食事はとても大事。

改めて言うことではないのだが、その本当の意味がわかりかけてきた。


「食事は、単なる栄養素の摂取ではない」 ということ。


何をアホなことを と思われるかもしれないが、私が感じたのはやはり食事は本当の意味でのエネルギーであり、すなわち「気」そのものなのだ  ということだ。

食べる人のことを思い、丹精に作られた料理人の料理は格別おいしい。あるいは母親(父親も)が家族のために愛情を込めた料理も同じだ。

それはそこに「気」があるからだ。

その「気」をいただくことによって、食べた体にその「気」がエネルギーとなって宿る。

このことを最近痛切に感じる。

健康の第一歩というより健康の いや「身体の基盤」といってもいいだろう。

ここをおろそかにして、医療に携わることなんてありえない。

ビジョンズのフードは徹底して犬の健康を守るために開発されており、その意味で製造者の「気」を感じる数少ないドッグフード(キャットフードもあるよ)だ。  

    当然、当院の売れ筋商品である。

スタッフにはこの点を念頭においてもらって講義を受けてもらいたいと思う。

ドッグフードの概念ががらりと変わるかも。

それはそれでいいだろう。とにかく今日は楽しみな一日だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ホモトキシコロジーセミナーの資料 [ホモトキシコロジー]

11月13日に行われるホモトキシコロジーのセミナーの資料がようやく出来上がりました。

今回はは2つのテーマに絞り話すことにしました。

持ち時間は90分と30分の2本立て  

本来はドイツから獣医師部門の長 レインハルト先生が来られるはずだったのですが、急きょ来られなくなりその分持ち時間が増えてしまいました。

まあゆっくりと症例報告ができ、また質疑応答にも時間を気にせず取れるので、かえってよかったかもしれません。

レインハルト先生を期待された先生方には申し訳ありませんが、その分しっかりやらせてもらいますので勘弁してください。

それではみなさん新宿で会いましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スタッフの勝利 [一般診療]

「肝リピドーシス」はネコの病気の中でもかなりやっかいな病気に入るであろう

正直私は肝リピドーシスのネコを今までなかなか助けられずにいた。

しかし今回長年うちで勤務している女医さんを中心に看護師が一丸となって、この難病を克服してくれた。

明日そのねこちゃんは無事退院する。

ここまで一か月近くの入院となったが元気になって自ら食事をする姿をみんなで見たときは歓声と拍手が湧き上がった。

このねこちゃんもがんばったが、スタッフみんな本当にがんばってくれました。

みんなありがとうございました
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。