So-net無料ブログ作成
検索選択

ベルロック [日記]

セドナ2日目
午前はベルロックです。
RIMG1516.jpg
ベルのような形をした岩なのでその名がついたそうです。ここは男性性のパワーということらしいですが、私はここに近づくにつれおおきなエネルギーの波に押されてなかなか近付けず進んでいくのにちょっと大変でした。
ベルロックに上るとそういう現象は無くなったのですが、不思議です。

ガイドさんの配慮でそこで1時間以上ゆっくりと過ごさせていただきました。登れるところまで登ってそこで大の字になっていました。途中、後から登ってきたアメリカ人の連れている犬に気に入られ、顔中べろべろにされてしまいまして、アメリカ人が「あなた犬の好きな香水でもつけてるの?」と聞かれるほど。
行きと帰りでべろべろにされました。

次はカセドラルロック
RIMG1535.jpg

そしてカセドラルロックの美しい夕日が拝めるレッドロッククロッシングへ
RIMG1533.jpg

とても穏やかな時間です。

時間をオーバーして見入ってしまいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

セドナ [スピリチュアル]

アメリカ本土です。
フランクフルトから11時間強でサンフランシスコに到着。そこから国内線に乗り換えアリゾナ州フェニックスへ。そして車で北上すること2時間とちょっと。やってまいりました憧れの地「セドナ

やっと来た~って感じです。ホテルに着いたのは夜9時半。ホテルに頼んでおいたルームサービスの夕食を食べ、ボルテックスツアーは次の日の朝からです。

楽しみ楽しみ! 喜びすぎてかセドナに当たられてかここへ来る前日から鼻血がよく出て困りました。結局セドナを離れるまで鼻血は続きました。

ボルテックスツアーの最初はエアポート・メサ。非常に優しいエネルギーとすばらしい朝のいい氣が混じり合って、とても心地よくなりました。

続いてボイントン・キャニオン。ここもすばらしい。言葉にはなりません。
ここではこの地で有名?なラブロックおじさんという方がいて、ハートの形をした石を観光客に配って歩いているらしいです。そこここの木の枝にハート型をした石が乗せてあって何かなって思ってたんですが、もらった方がその石を枝に置いていくのだそうです。相当な数の石があちこちにありました。

カチーナ・ウーマンという尖った岩の周辺で瞑想していると、やってきましたラブロックおじさん。もうひと組の観光客に石をわたしてこの周辺の素晴らしさを説明していました。

その後おじさんは岩のてっぺんに登りたて笛を奏で始めたんです。なんとも言えぬその音色にしばし言葉を失いました。

心から浄化される そんな気分でした。

そのあと一度ホテルに戻り、午後からベルロックとカセドラルロック、そしてレッドロッククロッシングへと向かいます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ただいま [ホモトキシコロジー]

ドイツ研修から帰ってまいりました。

といっても今回の旅はドイツのヘール社研修のみならず、アメリカはセドナへ。そしてその後メキシコに渡りティオティワカン、パレンケ、ウシュマル遺跡を訪ね、おおいなる叡智を感じるためのものでした。

ただ今回はヘール社での研修についてお話したいと思います。

毎年ドイツのバーデンバーデンにあるヘール社本社でホモトキシコロジーの研修があるのですが、私は2004年と2005年に2回受けその後はそれをパスし動物病院での実地研修のみを行っていました。

そろそろ新しい研究成果もできていることだし、こちらの疑問も山ほどあるので今回は久しぶりに本社での研修を受けることにしました。

訪れてみると本社前に日章旗が・・・ うれしいですね
RIMG1479.jpg

そして受付ロビーがかなり立派に改装されていました
RIMG1480.jpg
正面の茶色の壁には上から水が流れています。

講義はおなじみレインハルト先生とトリット先生 なつかしい顔ぶれです。
RIMG1485.jpg
講義は朝から晩までぶっつづけで行われます。かなりハードですが面白くてあっという間に終わってしまいました。新しい知識もいただけたのでさらにレベルアップした感があります。
RIMG1487.jpg

とても有意義な一日でした。

次の日は朝一でロス・アンジェルスに向かいます。そして飛行機を乗り継いでフェニックスへ そこらか車で2時間ほどでセドナです。セドナに着くのは現地時間午後9時半 セドナでの話はまた次回

とりあえず 「ただいま」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ドイツ研修へ行ってきます [ホモトキシコロジー]

明日の昼全日空にてドイツへ向かいますぅ。18日帰国予定です。
しばらく留守をいたしますが、患者さんの皆さんよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。